Chinese English Korean

youtube
로그인영역
office of International Student Services facebook
KFLのご紹介



한국어문화교육원
화살표 Home > 韓国語教員養成課程 > KFLのご紹介
KFLのご紹介

KOREAN as a FOREIGN LANGUAGE(KFL)

英語圏・中国語圏・日本語圏

国内雄一多言語地域システム

 

韓国語教員養成課程(KFL)のご紹介

(1)韓国語教師のなり手に言語学・韓国語学・韓国語教育および韓国文化分野の講義と教育実習の機会を提供し、優秀な韓国語教師を養成しています。

 

(2)2006年国語基本法施行以降、韓国語教育非専攻に一般人も120時間以上の韓国語教員養成課程を履修した後、韓国語教育能力検定試験(主管:産業人力管理公団)に合格した場合、韓国語教員3級の資格を取得することができます。」

 

(3)韓国外大KFL課程は国語基本法に基づいて開設された専門教育課程で、韓国語教員養成課程としては、雄一の英語圏・中国語圏・日本語圏の各言語圏別にあわせた授業(発音教育論、誤謬分析)を進んでいます。特に2010年からは志願専攻に限らなく、全ての言語圏別の授業が受けられるように改編しましたので、学習者にもっと充実で、体系的な理論的背景と教育現場のノウハウを提供しています。

 

*したがって、総授業時間は国語基本法で規定された120時間を越える140時間以上になります。 

 

特徴および特典 

1.韓国語教育全般にかけて徹底した理論教育以外にも、細分化された言語圏別にあわせた授業(発音教育論・誤謬分析)を進んでいるので、英語圏・中国語圏・日本語圏の者を対象とする韓国語教育に求められる各各の特徴とノウハウを取得することができます。

 

2.韓国語教育分野での最高の教授陣が体系的で明快な理論教育を提供するのはもちろん、実際に外国人を対象とする.

 

3.韓国語教育能力検定試験を備える特別講義を提供します。

 

4.課程を修了した後、韓国語能力検定試験を通じて外国人に韓国語を教えられる韓国語教員3級の資格証を取得できます。

 

5.課程を修了する時、韓国外国語大学長の名義の修了証を授けます。

 

6.講師の推薦書が必要な場合、発行されます。

 

7.本校の学生(卒業・修了生)および教職員には所定の奨学金(学費減免)を支給されます。

 

*他の問い合わせは韓国語文化教育院のメールでお願いします。(cklace@hufs.ac.kr)